目黒区議会定例会

9/7(月)から、目黒区議会の定例会がスタート。
初日に一般質問での出番を終え、委員会での議案や陳情等の審査を経て、本日までは決算についての議論が続きました。 予習や準備で頭がパンクしそうな日々でしが、世の中の変わり目だからこそ、できることもたくさんあることを実感します。

一般質問では小中学校の子どもたちにパソコンやタブレットを配布する「GIGAスクール構想」(国の計画が大幅に前倒しになり、区の方針が定まり切れないまま進めることになった)、21世紀半ばの目黒区を考える「基本構想」について尋ねました。ベテランの議員も含め全体的に、ICT化の推進に関する質問も多くあったことが意外でした(「ICT」を「ITC」、「ソサイエティ5.0」を「ソシエティ5.0」等、誤りが目立ったのは内緒です)。

また決算特別委員会では3日目まで出番はありませんでしたが、4日目の本日に広報費とICT化推進について。広報費では既存のコミュニティに所属していない若い世代にも情報が届いて欲しいという思いを込めて、またICT化の推進は窓口業務が便利になれば区民も便利になるだけでなく役所にもメリットがある旨や、若手職員の能力や柔軟なアイディアの活用を進める旨をお伝えしながら、質問に臨めました。昨日に尋ねた商店街未加盟のお店へのフォローを求める質問は前向きな答弁を引き出せませんでしたが、最終日の本日はシェアサイクルについて、会派の同僚から時間をもらった分はしっかり活かせました。

本会議や決算特別委員会の中継や録画はこちら(「目黒区議会 議事録」で検索!)。
https://smart.discussvision.net/smart/tenant/meguro/WebView/rd/schedule.html?year=2020&council_id=34&schedule_id=1
録画は何日か遅れで順次、本会議や決算特別委員会の内容がアップロードされます。
この後は 立憲民主党 東京都連の結成大会。政党の状況が少し変わったとしても、できることを引続き一歩一歩、進めて行きます。