手塚よしお衆議院議員と駅頭活動

11/4(水)朝、学芸大学東口で手塚よしお衆議院議員と。

私からの話題は目黒区の基本構想や社会福祉に関する計画、来年度に向けた予算要望、土日に(少しだけ)手伝いに行った大阪市廃止の住民投票など。

大阪市に行った感想としては、若い世代でも多くのかたが興味を持ち、そして実際に活動しているかたもいたのが印象に残りました。大阪市の廃止の是非は別として、行政や政治に興味を持ってもらうきっかけのひとつにはなっていたと思います。

目黒区では、基本構想(2040年を見越した長期計画)のパブリックコメントの募集が11/2(月)からスタートしているほか、高齢、障害、貧困といった福祉に関する3年程度の計画についても11/10(火)に素案が出てくる予定で、12月からこちらもパブリックコメントを募集予定だそうです。

パブリックコメントには住民投票のような知名度もありませんし、一般的な区民からは少しハードルが高いかも知れませんが、こうした機会も意見を表明するチャンス。ぜひ様々なご意見をお寄せください✋